2017年東京コンテスト参加/ウィンドムアンテナ試用感

5月2日、昼休み。明日の5月3日は天気もよさそうだな、そういえば東京コンテストか、ということで、急遽移動運用に行こうと思い立ちました。目的地は、多摩地区の電車で行けるところ、という方針で品定めし、日野市の「みはらし公園」に決めました。

日野市南平(みなみだいら)2丁目24 「みはらし公園」

そういえば以前、稲城市の「みはらし緑地」で移動運用したことを思い出し、そのときにご同行頂いたローカル各局をメールでお誘いしたところ、

「移動?!! 明日?!?!?!」

という反応ながら、急遽、ご一緒頂けることになりました。持つべきものはよい友であります。

みはらし緑地で同じメンバーで移動運用したのは秋くらいだったかな・・・と思いきや、去年の東京コンテストであったことを、このブログの過去記事(2016年東京コンテスト参加 )から発見。あれからもう早1年かと愕然とします。

さて、日野市みはらし公園へのアプローチですが、Google Mapによれば、高幡不動駅と豊田駅を結ぶ日野市のコミュニティバスで「南平台」バス停まで行き、そこから徒歩6分ほどと出ます。
http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/196,142942,347,1995,html

5月3日、早起きして家を出発したところが、高幡不動駅までの途上で電車を乗り間違え、予定していた7時40分のバスに乗ることができず。この路線、早朝は40分に1本しかないので、やむなくタクシーに乗り、「南平に鳥の研究センター?みたいのありますよね?」とお願いして(正確には「環境省水鳥救護研修センター」)現地に向かいます。料金910円。

研修センターの脇から階段を上ると、「東京都水道局南平配水所」の給水塔の前が、ちょっとした公園になっています。ここが、「みはらし公園」でした。

P_20170503_154503_vHDR_On.jpg

P_20170503_080753_vHDR_On.jpg

ベンチが3台設置されていて、西から北方面に開けているのはよいのですが、東方面(つまり23区方面)には抜けておらず、南側は山を背負ってしまっています。

もう少しいいところはないだろうか・・と、公園右手の山道をあがっていくと、道が二手に分かれます。左の尾根沿いに上がってみましたが、林の中で展望は開けません。右に少し下ると眺望のよい道が続きますが、残念、店を広げられるスペースはありません。

P_20170503_081256_vHDR_On.jpg

という次第で、最初の公園に戻り、ここで運用することにしました。

フェンスを利用して建てた6mの2エレデルタループの先に、富士山が見えます。

P_20170503_094115_vHDR_On.jpg

この富士山反射の状態で、9時すぎから運用を開始し、一通り呼び回ったところで、50.400MHz付近でCQを出してみますがあまり呼ばれません。Eスポが出る気配もなし。うむむ。

飽きてきたのでHFに下りることにし、昨年eBayで購入したWINDCAMP社の
WA-4 Portable 4Band Windom Antennaを上げることにします。

http://www.windcamp-gear.com/en/productn.asp?ArticleID=2237

このウィンドムアンテナ、エレメントの全長は7メガのフルサイズダイポールと同じくらい(約20m)なのですが、片方が約13.5mと長く、反対側が約6.75mと短くなっています。これに1:4のバランで給電することにより2倍の高調波が乗り、40m(7MHz)/20m(14MHz)/10m(28MHz)/6m(50MHz)の4バンドで使える、という触れ込みです。

5mポールから逆V型に、調整もせず適当に張ってみたところ、上記4バンドに加え12m(24MHz)でもSWRは低くでました。試用すると、7MHzではパイルになっている記念局に歯が立たず、28MHzもコールサインを聞き返される状況でしたが、6mはコンテスト参加局と難なくQSOできます。何しろ切替操作も同調作業も不要ですので、お手軽な移動運用には使えると判断。

昼食後、運良く50.305MHz付近が確保できたのでCQを出してみると、そこそこ呼ばれます。どこでCQ出すかも重要ですね。

ベンチをテーブル代わりに、CTESTWINでロギングです。あれ?ビール?笑(同行した方が買ってきてくれました^^)

P_20170503_134317_vHDR_On.jpg

15時のコンテスト終了時まで運用して、撤収。結果は以下のとおり。

Band   QSOs   Pts  Multi
21MHz      1     2    1
28MHz      6     9    5
50MHz     66   108   30
————————–
Total     73   119   36

Score : 119×36=4,284点

去年の東京コンテストの3分の1でした・・(汗)。

撤収後、15分ほど歩いて南平駅から高幡不動駅に戻り、駅前の居酒屋で反省会。アマチュア無線振興策について激論?を交わし、帰路につきました。

4チャネルメモリキーヤーの自作(ちょっと工夫)

以前マルツで購入し、基板だけ組み立て、ケースまで用意したところで放置していた4チャネル・メモリキーヤーを完成させました。

ケースは、125mmx80mmx30mmのタカチ製。千石電商で調達。

ケースの表面に、ボリューム用の穴2個(1個は回転防止用)とタクトスイッチ用の穴4個をあけます。ボリュームはキットのものを基板から外して流用。タクトスイッチは秋葉原で調達。IMG_0457

続きを読む

書類ケースに入る430MHz 自作Moxon Beam

2エレのMoxon Beamを自作しました。八木のエレメントを曲げたアンテナですね。

こちらのサイト記事(http://donn-tacos.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/qso-fc74.html)を参考にしました。

IMG_0059

100円ショップで買ったB5版の書類ケースに入ります。エレメントも、100円ショップで買った針金です。アルミにハンダは付かないので、圧着端子を取付けてからハンダ付けしました。エレメントはセロハンテープで仮付けという極めていい加減なものです。

IMG_0060

これでもさすがはビーム、指向性があり、S3の局がS9まで上がりました。千代田区の高層ビルから多摩地区まで飛んでいきました。

ケーブルをケース内に入れれば、出張にも持って行けます(笑)。

IMG_0061

Yaesu FT-73 ディスプレイ文字欠けの修理

オークションで落としたジャンクのFT-73をいじくっています。ディスプレイの文字が欠けていて、本当は8なのに6に見えてしまいます。ディスプレイを上から押すと表示されることがあるので、接触不良とにらんで、修理してみました。

ネジを2+4+4本外すと、開腹できます(Technical supplementより)。Case disassembly

続きを読む

中国製5.6GHz帯ATV??

hamlife.jpに興味深い記事が掲載された。

「<月刊「ラジコン技術」の誌面で紹介>アマチュアバンド5.6GHz帯を映像モニター用として利用する、最先端の“空撮”とは!?」
http://www.hamlife.jp/2015/01/16/rajigi-fpv/

空撮はともかく、中国製5.6GHz帯ATV送信機に興味を引かれた。TSSで保証認定を得られた実績があるらしい。検索してみるとお手頃価格。衝動買い的に(笑)ポチってしまった。

ラジコンヘリ等にATV送信機を付けて、地上で受信する・・FPVというらしいが、ネット上では電波法上の問題を指摘する声もある。どうだろう。直感的には問題ないように思える。というか、これを「もっぱら個人的な無線技術の興味によって行なう自己訓練、通信及び技術的研究の業務」と言わずして何というのか。あとは条文解釈・・・落ち着いて考えてみたい。

 

DV DongleにちょうどいいUSBアダプタ

海外のD-StarレピーターやReflectorにPCからアクセスできる「DV Dongle」を買いましたが、付属のUSBケーブルが太い!それに、ケーブルだとぶらぶらして扱いにくいと思っていました。

IMG_1487

USBデバイスとPCをケーブルを介さず直接接続できるUSBデバイス、しかも向きなんかを変えられると理想、と思って探していたのですが、いいものを見つけました。

アクロス USB変換アダプタ ストラップスウィングタイプ ミニUSB Bオス-Aオス ASB859

IMG_1483

続きを読む