仏英運用記 その③~ウェールズ2日目

ウェールズ1日目の夜はBedlinogという小さな町のBedlinog InnというB&Bに宿泊。とても印象的な町でした。Facebookに投稿した拙稿を引用します。

イギリスに渡り、妻子を娘の友人宅に託して、ひとりで文字通りふらふらとウェールズに来ている。ネットで検索して「この辺はどうだろう」と思って探し当てたB&Bは、メインストリートがおそらく1000メートルもないとてもとても小さな村にあったのだが、併設されているパブは意外にも大音響の生演奏が流れ、若者で溢れかえっている。しばし躊躇し、思い切って入ってみると、スタッフは親切だし部屋もとてもキレイである。

P_20170813_194851_vHDR_Auto

どうも東洋人は私ひとりのようであり、邪魔にならないようにレストランの隅っこで、売れ残っていたハムチーズバーガーとポテチをエールで胃に流し込みながら、このBedlinogという名前の村について検索してみると、かつては炭鉱で栄えた町で、1930年代は共産主義者が多く”Little Moscow”と呼ばれたなどという意外な記事が目に飛び込んでくる。しかし炭鉱閉鎖後はさびれ、今では職を得るのもむずかしいという。ビールを注いでいるこのお姉さんたちは、選ばれた人たちなのだろうか、今日は日曜日なのだが、肩を組んでいる青年たちは、明日は何をするのだろうかなどと、余計なことを考える。

P_20170813_210921_vHDR_Auto

21時近くになってもまだ明るいので、店の外に出てみる。店の前のバプテスト派教会は放置されているのだろうか。議会選挙は無投票当選だったらしく、ウェールズ語と英語の告知文がが貼られている。長屋のような家の窓に、”Home is where our story begins”とあるので、”What kind of story do you have now?”と尋ねたくなる。意外にも車通りがある。

P_20170813_210113_vHDR_Auto

半袖では寒いので、早々に部屋に戻る。パブの生演奏はまだ続いている。

Bedlinogの人口は1400人らしい。

P_20170813_211133_vHDR_Auto

人がいれば、それぞれの生活があることが愛おしい。

さて、一晩明けてさらに車を北に走らせると、牧場のような、草原のような景色が広がっていきます。すると、車を数台停車させることができそうな広場がみつかったので、ここにアンテナを展開することにしました。1日目とおなじ、ATUをつかったデルタループです。
P_20170814_111110_vHDR_Auto

展開したデルタの先は、捨てられていたソファーにくくりつけています。
P_20170814_112358_vHDR_Auto

ヒツジの群れが通ります。ちょっとゴミが多い。ヒツジの落とし物もいっぱい・・。P_20170814_115531_vHDR_Auto.jpg

MW/AC1AMのコールサインで、JT系を中心に運用しましたが、ものすごい局数、ウォーターフォールがぐちゃぐちゃです。P_20170814_143135_vHDR_Auto.jpg

JT65でCQを出し、呼んでくれた局にコールバックしても別の局に呼び倒されて、なかなかQSOが成立しません。JT9やT10に逃げました。また思い切って、JAでは運用したことがないFT8に初挑戦しました。JT65でJAからEU各局をコールするときは、EU側ではものすごいQRMであることを念頭に置く必要があると思いました。

ウマも寄ってきましたw ごめんエサはないんだよw
P_20170814_144942_vHDR_Auto.jpg

この場所で1日遊び、35局とQSOすることができました。内訳は以下のとおりです。

17m JT65 9局
20m JT65 13局、JT9 10局、T10 1局、FT8 2局。

JAとは20mのJT65で1局、T10で1局、JT9で3局でした。JA側の設備に助けていただきました。

広告

仏英運用記 その②~ウェールズ1日目

パリから英国に渡りました。英国でのライセンスについては、英国のOfcomに、日本人であっても米国Extra級の免許を元にCEPT TR61-01に基づいて英国国内で運用してよいことを確認済みでした。

2017年8月13日、家族を娘友人宅に預け、私はひとり、レンタカーを借りてウェールズ地方に向かいます。特に行く宛てもなかったので、運用ができそうな場所を探しながら、Brecon Beacons National Parkをめざし北に車を走らせます。

うろうろしたあげく、ようやくB4255道路の脇道をあがったところに空き地を見つけたので、ここにアンテナを立てることにしました。

地面にペグを刺し、手網用の伸縮柄を垂直に立てます。DSC_4128.JPG

今回の旅行の直前に、釣り竿ではなく、先端まである程度の太さがある玉網の柄を調達しました。Tailwalk社製 CATCHBAR KAI micro6.3mのものです。短縮すると50cmとなり、トランクにも楽々入る優れものです。伸ばして振ってみても、釣り竿のように大きくしなることがなく、とてもいい感じです。ただし、材料がグラスファイバーではなく、釣り竿アンテナ等には不向きとされるカーボン製なので、アンテナに悪影響がでないかが気がかりでした。

ポールの途中にATU(T-1)をビニールテープで留め、ANT側に「BNC→バナナ端子変換コネクタ」を付け、+側と-側を17.5mほどのビニール線でループ状に接続し、ATUの+側→竿のトップ→近くの木→ATUの-側と這わせます。DSC_4127.JPG

全景はこんな感じ。手前側に三角形にワイヤーが張られているのが見えますでしょうか?
DSC_4124.JPG

これで、7MHz帯から50MHz帯までATUで同調を取ることができ、ループアンテナとしてそこそこ飛びます。T-1の耐圧は20Wのはずですが、JT65で50Wを入力しても今のところ耐えてくれています。いろいろ試してみましたが、私のHFでの移動運用はとりあえずこれに落ち着いています。玉網の柄がカーボン製であることの悪影響は感じられませんでした。

1日目はこの場所で、MW/AC1AMのコールサインで16時前から17時すぎまで運用し、20mのJT65/9で、CO, SP, U, OZ等8局と交信することができました。

 

 

 

仏英運用記 その①~パリ

遅くなってしまいましたが、8月のフランス/英国での運用記をアップします。

まずパリです。渡仏前に、Agence Nationale des Fréquences, Département Licences et Certificatsにメールで免許関係について問い合わせたところ、日本の免許を基礎としたF/7K1BIBでも、米国の免許を基礎としたF/AC1AMのどちらでも運用可とのことでしたが、F/7K1BIBで運用しました。

宿泊したHoliday Inn Paris – Notre Dameには屋上があり、遠くにエッフェル塔を見ることができます。ここにアンテナを張らせてもらえればさぞかし飛びそうですが、時間が取れず、天候が悪かったこともあり、(家族と同行していたこともありw)、運用は断念しました。
DSC_4037.JPG

結局、2017年8月11日、エッフェル塔の前で、D-STARレピーター(F1ZPL C)をリフレクタ(DCS021C)に接続させ、JAのおなじみ局1局とQSOしたのが唯一のQSOとなりました。
P_20170811_101456_vHDR_Auto.jpg

(2017-10-02記)

Paris/England/Walesで運用します。

(English text below.)

夏期休暇でパリとイギリスに行ってきます。現地ではVacation Styleでアマチュア無線を運用する予定です。

8月9日~11日
場所:パリ
Callsign: F/7K1BIB
D-STARに出ます。パリ近郊のF1ZPLレピーターを使用する予定です。
DRモード設定方法:
TO:「 Courbevoie/F1ZPL C」または「Courbevoie/F1ZPL B」
FROM:お近くのレピーター

(2017-08-10追記)パリ現地で試したところ、F1ZPL C(430MHz)は停波していました。F1ZPL B(144MHz帯)は稼働していますが、JAのG1系レピーターにはアクセスできません。DCS021Cにはアクセスできました。
出られる可能性が高い時間帯(日本時間)
8月10日(木)夕方~深夜 ←D-STARでDCS021C、稲毛430にリンクしCQを発するもQSO成立せず。地元の144MHz帯Call周波数(145.500MHz)でCQを出すもQSO成立せず。144MHz帯と430MHz帯のバンド内をスキャンするもQSOは確認できず。
8月11日(金)夕方~深夜

8月11日~16日
場所: 南部イギリス(ウェールズ含む)
Callsign: M/AC1AM(イングランド内)、MW/AC1AM(ウェールズ内)
HFとD-STARに出ます。使用するレピーターは未定。APRSにビーコンを出すかもしれません。
出られる可能性が高い時間帯(日本時間)
8月13日(日)夕方~14日(月)早朝@ウェールズ
あとは、日本時間の早朝(現地の夜)または日本時間の夕方~深夜(現地の朝~日中)

なお、日本人であっても、米国Extra級の免許を元にCEPT TR61-01に基づいて英国国内で運用してよいことは、英国のOfcom (https://www.ofcom.org.uk/ )に確認済みです。

詳細はこのブログまたはTwitterでアナウンスします(https://twitter.com/7K1BIB )。

(English text)

I am going to visit Paris and UK. I will operate ham radio there on the vacation style basis.

August 9 to 11 (UTC)
Place: Paris
Callsign: F/7K1BIB
Band: D-STAR Repeater F1ZPL

August 11 to 16 (UTC)
Place: Southern England and Wales
Callsign: M/AC1AM (in England), MW/AC1AM (in Wales)
Band: HF and D-STAR. Maybe on APRS.

Please send your QSL card to 7K1BIB, my home callsign.
Further announcement will be on Twitter (https://twitter.com/7K1BIB ).

 

Eric Meth, VE3EI, silent key.

2014年、トロントで大変お世話になったEric, VE3EIの訃報に接しました。彼はトロントのD-STARレピーターVE3YYZの管理者でした。2日間も私に時間を割いてくれました。忘れてしまったID-51の充電器を貸してくれ、VE3YYZの設備や無線ショップをはしごしてくれました。工具からジャンクまであらゆるものが揃った、無線家なら誰もが興奮するような店に到着して私が驚くと、「ニヤリ」とした彼の笑顔を忘れられません。

ご冥福をお祈り申し上げます。

Eric, in autumn 2014 you brought me everywhere with ham nature in Toronto, including the facility of VE3YYZ repeater and ham shops.  I never forget your smile and kindness.  May rest in peace.

73, Taka, 7K1BIB

続きを読む

D-STAR懇談会についてJAIG News #130に載せて頂きました。

昨年秋にミュンヘンを訪問した際、現地のD-STARレピーター経由で、ミュンヘンにお住まいの著名な日本人ハム、DF2CW壱岐さんとQSOすることができました。そのことがきっかけで、D-STARネットワークを経由した日独のSchedule QSOに参加するようになり、また、JAIG (Japanese Radio-Amateurs In Germany)にも入会させて頂きました。

2017年3月13日には、D-STARネットワークを経由した海外交信に興味をお持ちの方々の間で「D-STAR懇談会」を開催したのですが、その様子を、JAIG News 130号に掲載して頂きました。

http://www.pluto.dti.ne.jp/~jr0dlu/JAIG_ZEITUNG/Nr130/jaig_zeitung_top.htm

ニュースを発行して下さっているDF2CW 壱岐さん、原稿を書いて下さったJA1IFB 福田さん、ありがとうございました。