7K1BIB について

http://www.qrz.com/db/7K1BIB https://twitter.com/7k1bib

新スプリアス問題~ユーザー目線からの整理

新スプリアス問題が話題ですが、ユーザーの目線から、私なりに整理してみました。お約束ですが、「以下は一般論です。個別の手続においてそのとおりになることを保証するものではありません。」

【論点】

新スプリアス基準に対応していない無線機が1台でもあると、平成29(2017)年12月1日以降に発行される無線局免許状(再免許=更新の場合を含む)の備考欄に、以下の注記がされます(CQ誌2017年4月号78頁)。

備考 無線設備規則の一部を改正する省令(平成17年総務省令第119号)による改正後の無線設備規則第7条の基準(新スプリアス基準)に合致することの確認がとれていない無線設備の使用は、平成34年11月30日までに限る。

この注記がされないためには(されてしまった場合の対応としては)どうしたらいいのか、というのがここでの問題です。なお、以下の分析は、200W以下の送信機に限ります。

【整理】

1 既設置の送信機の分類作業

貴局に属する第1送信機から順に、それぞれの送信機が、以下のいずれにあたるかを、申請・届出書類の控え等から思い出します。なお、以下で「設置」とは、新規開局時の「設置」と開局後の「増設」の両方を含みます。どうしても思い出せない場合は、管轄の(免許状を発給した)総合通信局に問い合わせます。

(a) 平成19(2007)年11月30日以前に設置した送信機

(b) 平成19(2007)年12月1日以後に、TSSまたはJARDの保証を受けて設置した送信機(JARDは平成26(2014)年11月10日に保証業務に再参入)

(c) 平成19(2007)年12月1日以後に、技適機種として総通に直接「設置の届出」をした技適送信機

2 上記(a)「平成19(2007)年11月30日以前に設置した送信機」に該当する送信機

→「旧スプリアス機」です(新スプリアス基準が発効する前の送信機だから。)。ですので、平成34(2022)年11月30日まで使ってその後撤去の届出を行うか、JARDのスプリアス確認保証を受けましょう。スプリアス確認保証を受ければ、平成34(2022)年12月1日以降も使えます。なお、本稿末尾の「補足①」をご参照下さい。

3 上記(b)「平成19(2007)年12月1日以後に、TSSまたはJARDの保証を受けて設置した送信機」が1台でもある局

→TSSまたはJARDの保証を受けている送信機は、本来は、「新スプリアス機として保証」されているはずですが、以下の2つの例外があります。

※1 設置申請の際、「無線局事項書及び工事設計書」の「15 備考」欄に、経過措置を受けるため、「平成19年11月30日までに製造されている無線設備である」と記載している送信機は、「旧スプリアス機として保証」されています。

※2 関東総通によれば、平成19(2007)年12月1日以降「ある時期」(2012年ころ?)までに保証を受けて設置された送信機については、総通のデータベース上、「新スプリアスとしての保証」か「旧スプリアスとしての保証」か、当時の担当者が入力せず、空欄になっていて記録が残っていないものがあるそうです。この場合、個別に判断して、古い送信機であれば「旧スプリアス機」として扱い、2017(平成29)年12月1日以降の免許更新時に、無線局免許状に上記の注記を入れるのだそうです。

以上の例外があるので、総通に問い合わせましょう。その結果、以下のとおり対応することになります。

(b-1) 「旧スプリアス機として保証された送信機」

→平成34(2022)年11月30日まで使ってその後撤去の届出を行うか、JARDのスプリアス確認保証を受けましょう。スプリアス確認保証を受ければ、平成34(2022)年12月1日以降も使えます。

※私が関東総通に電話で問い合わせたところ、2009年5月にカムバックハムとして開局した時に設置した第1送信機から第7送信機まで(いずれも非技適機種)と、2012年11月に増設した第8送信機については(いずれも非技適機種)、総通のデータベース上、「新スプリアスとしての保証」であるとの記録が残っていない(空欄になっている)そうです。ですので、これら8台の送信機については、JARDのスプリアス確認保証を受ける予定です。

(b-2) 「新スプリアス機として保証された送信機」

→特に手続は不要です。そのまま、平成34(2022)年12月1日以降も使えます。

4 上記(c)「平成19(2007)年12月1日以後に、技適機種として総通に直接「設置の届出」をした技適送信機」

→電波利用ホームページの「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」サイト(以下「技適検索サイト」)で、その送信機の型番で検索してみて下さい。

http://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=js01

技適の種類により、以下のとおり対応が分かれます。

(c-1) 技適検索サイトで「旧スプリアス機」であるとヒットした技適送信機

→「旧スプリアス機」ですので、平成34(2022)年11月30日まで使ってその後撤去の届出を行うか、JARDのスプリアス確認保証を受けましょう。スプリアス確認保証を受ければ、平成34(2022)年12月1日以降も使えます。

なお、技適機種であるとカタログや取扱説明書には書いてあるのに、技適検索サイトでヒットしない技適送信機もあります(技適検索サイトには、平成11(1999)年2月以前に技適を受けた機器は載っていません。)。これも、「旧スプリアス機」ですので、同様に、撤去の届出を行うか、JARDのスプリアス確認保証を受けましょう。スプリアス確認保証を受ければ、平成34(2022)年12月1日以降も使えます。

※当局の第16送信機(IC-T81)は、技適機種ですが、技適検索サイトでヒットしないので、「旧スプリアス機の技適機種」と判断されます(関東総通にも確認済み。)。ですので、JARDのスプリアス確認保証を受ける予定です。

(c-2) 技適検索サイトで「新スプリアス機」であるとヒットした技適送信機

→「新スプリアス機」ですので、特に手続は不要です。そのまま、平成34(2022)年12月1日以降も使えます。

5 これから設置しようとする送信機

まず、以下のいずれに当たるかを判断します。

(d) 技適検索サイトで、「旧スプリアス機」であるとヒットした送信機、及び、技適機種であるとカタログや取扱説明書には書いてあるのに、技適検索サイトでヒットしない送信機

(e) 技適検索サイトで、「新スプリアス機」であるとヒットした送信機

(f) (d)及び(e)以外

6 上記(d)「技適検索サイトで、「旧スプリアス機」であるとヒットした技適送信機、及び、技適機種であるとカタログや取扱説明書には書いてあるのに、技適検索サイトでヒットしない技適送信機」

→「旧スプリアス機」です。以下の2つのルートがあります。

(d-1)「旧スプリアス技適機種」として、総通に直接「増設の届出」をし、後に「JARDのスプリアス確認保証」を受ける。(d-2)より費用が安く済みますが、二度手間がかかります。なお、平成29(2017年)12月1日以降は、「旧スプリアス技適機種の増設の届出」は、総通で受け付けてもらえなくなる(旧規格で免許が受けられる経過措置期限が到来し、新規格への適合が確認されたものしか免許がされないため。)ので、このルートは平成29(2017年)11月30日までであれば取り得る手段、ということになります。

(d-2)最初から、JARDかTSSの保証を申請する。「新スプリアス機として保証」してもらえる可能性があります。JARDでは、メーカー製のJARL登録機種や技適機種のうち「新スプリアス機」として保証可能な機器リストをホームページで公開しているので、確認をしてみましょう。リストに掲載されていればJARDにて「新スプリアス機」として保証を受けることが可能です。「新スプリアス機として保証」してもらえれば、平成34(2022)年12月1日以降も使えます。

7 上記(e)「技適検索サイトで、「新スプリアス機」であるとヒットした技適送信機」

→「新スプリアス機」ですので、技適機種として総通に直接「設置の届出」をしましょう(保証は不要です。)。平成34(2022)年12月1日以降も使えます。

※なお、技適機種に附属装置を付けたい場合、まずは単体で「増設の届出」をし、後に「変更の届出」をするのが簡便です。

8 上記(f)「(d)及び(e)以外」

→「旧スプリアス機」ですので、上記(d-2)と同様、JARDかTSSの保証を申請しましょう。「新スプリアス機として保証」してもらえる可能性があります。「新スプリアス機として保証」してもらえれば、平成34(2022)年12月1日以降も使えます。

【補足】

1 補足①「JARDのスプリアス確認保証」について

  • 「JARDのスプリアス確認保証」は、旧スプリアス機を平成34(2022)年12月1日以降も継続して使用するために、「旧スプリアス機」を「新スプリアス機」として扱ってもらうための手続であると考えるとわかりやすいと思います。
  • JARDのスプリアス確認保証の対象機器のリストに掲載されていれば、簡単にスプリアス確認保証が得られるはずです。
  • リストに掲載されていない機種については、JARDに個別に問い合わせるのがよいと思います。JARDでは、有料での測定サービスのほか、JARD測定器室を一般ユーザーにも曜日や時間を限定して開放しているので、スペアナ画像が必要であれば、上記サービスの利用を検討してはいかがでしょうか。また、自ら測定したスペアナ画像を添付すれば、スプリアス確認保証が得られることがあるようです。この場合、測定器の1年以内の較正要件は問わないが適正に測定したものであればよい、ということのようです。

2 補足②「保証」について

  • 現在行われている「保証」は、「新スプリアス機としての保証」です。これが通れば、「新スプリアス機」として扱われるので、平成34(2022)年12月1日以降も使えます。
  • JARDのスプリアス確認保証の対象機器のリストに掲載されていれば、軽微な審査で「新スプリアス機としての保証」が得られるようです。
  • リストに掲載されていない機種については、JARDに個別に問い合わせるのがよいと思います。

3 200Wを超える送信機

当局には「200Wを超える送信機」がないのでよくわからないのですが、「JARDのスプリアス確認保証」も「保証」も受けられないはずです。JARLが総務省と対応を協議していると聞いています。JARLからの正式な発表を待ちましょう。「親機が200W以下で、リニアを接続することにより最終出力が200Wを超えている送信機」についても同様です。

4 混乱の原因?

JARD等の説明文では、上記(b-2)のとおり、「新スプリアス機として保証された送信機」というカテゴリーがあることがはっきり説明されていません。他方で、「旧スプリアス機として技適を受けている送信機」というカテゴリーがあるので、技適機種だからといって安心はできません。このあたりが混乱を招いている原因のようにみえます。

5 実際の整備の重要性

本稿で検討したのは、あくまで、無線局免許状の備考欄に、上記の注記がされないための方法論です。「JARDの新スプリアス確認保証」を受けられた送信機でも、実際の使用状況において、新スプリアス基準に反するスプリアスをまき散らさないように整備することは、免許人の義務です。

以上

D-STAR懇談会についてJAIG News #130に載せて頂きました。

昨年秋にミュンヘンを訪問した際、現地のD-STARレピーター経由で、ミュンヘンにお住まいの著名な日本人ハム、DF2CW壱岐さんとQSOすることができました。そのことがきっかけで、D-STARネットワークを経由した日独のSchedule QSOに参加するようになり、また、JAIG (Japanese Radio-Amateurs In Germany)にも入会させて頂きました。

2017年3月13日には、D-STARネットワークを経由した海外交信に興味をお持ちの方々の間で「D-STAR懇談会」を開催したのですが、その様子を、JAIG News 130号に掲載して頂きました。

http://www.pluto.dti.ne.jp/~jr0dlu/JAIG_ZEITUNG/Nr130/jaig_zeitung_top.htm

ニュースを発行して下さっているDF2CW 壱岐さん、原稿を書いて下さったJA1IFB 福田さん、ありがとうございました。

2017年東京コンテスト参加/ウィンドムアンテナ試用感

5月2日、昼休み。明日の5月3日は天気もよさそうだな、そういえば東京コンテストか、ということで、急遽移動運用に行こうと思い立ちました。目的地は、多摩地区の電車で行けるところ、という方針で品定めし、日野市の「みはらし公園」に決めました。

日野市南平(みなみだいら)2丁目24 「みはらし公園」

そういえば以前、稲城市の「みはらし緑地」で移動運用したことを思い出し、そのときにご同行頂いたローカル各局をメールでお誘いしたところ、

「移動?!! 明日?!?!?!」

という反応ながら、急遽、ご一緒頂けることになりました。持つべきものはよい友であります。

みはらし緑地で同じメンバーで移動運用したのは秋くらいだったかな・・・と思いきや、去年の東京コンテストであったことを、このブログの過去記事(2016年東京コンテスト参加 )から発見。あれからもう早1年かと愕然とします。

さて、日野市みはらし公園へのアプローチですが、Google Mapによれば、高幡不動駅と豊田駅を結ぶ日野市のコミュニティバスで「南平台」バス停まで行き、そこから徒歩6分ほどと出ます。
http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/196,142942,347,1995,html

5月3日、早起きして家を出発したところが、高幡不動駅までの途上で電車を乗り間違え、予定していた7時40分のバスに乗ることができず。この路線、早朝は40分に1本しかないので、やむなくタクシーに乗り、「南平に鳥の研究センター?みたいのありますよね?」とお願いして(正確には「環境省水鳥救護研修センター」)現地に向かいます。料金910円。

研修センターの脇から階段を上ると、「東京都水道局南平配水所」の給水塔の前が、ちょっとした公園になっています。ここが、「みはらし公園」でした。

P_20170503_154503_vHDR_On.jpg

P_20170503_080753_vHDR_On.jpg

ベンチが3台設置されていて、西から北方面に開けているのはよいのですが、東方面(つまり23区方面)には抜けておらず、南側は山を背負ってしまっています。

もう少しいいところはないだろうか・・と、公園右手の山道をあがっていくと、道が二手に分かれます。左の尾根沿いに上がってみましたが、林の中で展望は開けません。右に少し下ると眺望のよい道が続きますが、残念、店を広げられるスペースはありません。

P_20170503_081256_vHDR_On.jpg

という次第で、最初の公園に戻り、ここで運用することにしました。

フェンスを利用して建てた6mの2エレデルタループの先に、富士山が見えます。

P_20170503_094115_vHDR_On.jpg

この富士山反射の状態で、9時すぎから運用を開始し、一通り呼び回ったところで、50.400MHz付近でCQを出してみますがあまり呼ばれません。Eスポが出る気配もなし。うむむ。

飽きてきたのでHFに下りることにし、昨年eBayで購入したWINDCAMP社の
WA-4 Portable 4Band Windom Antennaを上げることにします。

http://www.windcamp-gear.com/en/productn.asp?ArticleID=2237

このウィンドムアンテナ、エレメントの全長は7メガのフルサイズダイポールと同じくらい(約20m)なのですが、片方が約13.5mと長く、反対側が約6.75mと短くなっています。これに1:4のバランで給電することにより2倍の高調波が乗り、40m(7MHz)/20m(14MHz)/10m(28MHz)/6m(50MHz)の4バンドで使える、という触れ込みです。

5mポールから逆V型に、調整もせず適当に張ってみたところ、上記4バンドに加え12m(24MHz)でもSWRは低くでました。試用すると、7MHzではパイルになっている記念局に歯が立たず、28MHzもコールサインを聞き返される状況でしたが、6mはコンテスト参加局と難なくQSOできます。何しろ切替操作も同調作業も不要ですので、お手軽な移動運用には使えると判断。

昼食後、運良く50.305MHz付近が確保できたのでCQを出してみると、そこそこ呼ばれます。どこでCQ出すかも重要ですね。

ベンチをテーブル代わりに、CTESTWINでロギングです。あれ?ビール?笑(同行した方が買ってきてくれました^^)

P_20170503_134317_vHDR_On.jpg

15時のコンテスト終了時まで運用して、撤収。結果は以下のとおり。

Band   QSOs   Pts  Multi
21MHz      1     2    1
28MHz      6     9    5
50MHz     66   108   30
————————–
Total     73   119   36

Score : 119×36=4,284点

去年の東京コンテストの3分の1でした・・(汗)。

撤収後、15分ほど歩いて南平駅から高幡不動駅に戻り、駅前の居酒屋で反省会。アマチュア無線振興策について激論?を交わし、帰路につきました。

早稲田大学の入試にアマチュア無線が登場

2017年早稲田大学文学部入試問題(二)番に、アマチュア無線が登場したと話題になっています。

「どの瞬間であれ、雑誌との出会いには意志がある。・・・コスモポリタン的美徳を身につけたアマチュア無線家たることを確認する『CQ hamradio』など、雑誌を通して共同体が生まれる。」
http://nyushi.nikkei.co.jp/honshi/17/w01-31p.pdf

出題文のクレジットとして、河崎吉紀「想像の読者共同体」と書かれています。調べてみました。

河崎先生は、同志社大学社会学部メディア学科の准教授です。
https://kenkyudb.doshisha.ac.jp/rd/html/japanese/researchersHtml/104069/104069_Researcher.html

河崎先生が2014年度に参加された研究活動に、「青年期メディアとしての雑誌における教育的機能に関する研究」というものがありました。
https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-24330235/243302352014jisseki/

この研究活動で、白戸健一郎氏(当時、東京大学総合文化研究科特別研究員)が「アマチュア無線家たるための雑誌―CQhamradio」という論文を書かれています。このページ、「雑誌論文」リストの上から8番目。
https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-24330235/243302352014jisseki/

この研究活動の研究成果報告書によれば、この論文は、「京都メディア史研究年報」創刊号188頁から216号に掲載されたようです。
https://kaken.nii.ac.jp/ja/file/KAKENHI-PROJECT-24330235/504598.pdf

また、研究成果報告書によれば、この研究活動の最終報告は、岩波書店から、佐藤卓己編「日本の青年雑誌(仮題)」として刊行される予定と書かれていますが、実際には、「青年と雑誌の黄金時代 若者はなぜそれを読んでいたのか」というタイトルで発刊されたようです。
https://www.iwanami.co.jp/book/b262802.html

白戸健一郎氏は、現在は筑波大学の助教に就任されていました。確かに研究業績に、「CQhamradio:無線コミュニケーション雑誌のメディア機能」という論文を掲げていらっしゃいます掲載誌は、「青年と雑誌の黄金時代」で、上と一致します(pp.239-270, 2015-11)。
http://www.trios.tsukuba.ac.jp/researcher/0000003706

というわけで、河崎先生は、きっとこの白戸先生の論文を読まれて、上の文章にCQ誌を登場させたのでしょう。

白戸先生は、満洲電信電話株式会社についても研究され、「電信ー電波ー電視のメディア文化政策」という論文も書かれています。アマチュア無線家でしょうか・・?

メモ:海外のD-STARネットワークに接続されているJAのレピータ

【ircDDBとUS-TRUSTの両方に接続】
JP1YJQ 稲毛430, 1200
JP1YKM 千葉長柄430, 1200
JP9YEI 南砺430 、

【US-TRUSTのみに接続】
JP1YJT 八街430, 1200
JP1YDS 香取430

(先に投稿したメモは不正確でした。Twitterでご指摘をいただき修正しました。)

 

NYP移動運用 岐阜県美濃加茂市

各局 あけましておめでとうございます。

さて、今年の正月は、親戚がいる岐阜県美濃加茂市(JCC 1911)に来ています。1月1日、年が変わってまもなく、東京のローカル各局とD-STAR経由でお相手いただくことができました。これは幸先よし、と、1月2日の今日、一日もらってニューイヤーパーティ参加のため、移動運用してみました。

行き先は、岐阜県美濃加茂市・日本昭和村の駐車場です。HFはワイヤーループ+ATU、VUはハンディホイップでon airしましたが、アンテナのしょぼさにpropagationの悪さが重なって、さっぱりQSOできません。比較的取って/呼んでもらえた6m/SSBが8局、2m/SSBが3局、期待していた7メガは呼んでとってもらえずCQ出しても空振りで、たった2局。10時ころから15時すぎまでやって13局・・って、ニューイヤーパーティのノルマ達成できてないじゃないですか。うむむ。

やむを得ず夜に、こんどは木曽川の築堤上にクルマを走らせます。ここでは2m/SSBで結構呼んでいただくことができ、13局をlog inすることができました。これで、なんとかノルマを達成です。

美濃加茂市は山に囲まれているので、430はほとんど使われていないようです。2m/FMが使われていないのは今やいずこも同じ。2m/SSBと6m/SSBが救世主でした。HFは、ATUで無理矢理合わせることの限界を感じました。HFの空中線を何とかしたいところです。

本年もよろしくお願いいたします。

de 7K1BIB/2