「課題解決に向けての議論のご提案」に対し、JARL会長からお返事があり、さらにご提案をお送りしました。

2022年1月28日に、JH4PHW坂井志郎社員、JJ1WTL本林良太社員と連名でJARL髙尾義則会長にお送りした文書に対し、髙尾会長からメール及び手紙でお返事を頂きました。

髙尾会長からは、私たちの提案に対し謝辞を頂くとともに、私たちが指摘した課題について、しっかり協議を行い、会員の皆様、アマチュア無線の発展に向けて取り組んで行くので、今後共、ご協力の程、よろしくお願い致します、とのことでした。

そこで、2022年2月7日(月)、私たち3名は、髙尾会長宛に、以下の文書をメールでお送りするとともに、レターパックで発送しました。(2022-02-09 日付等追記)

 

私たちが今回のご提案文書をお送りしたことにつき、皆様から多数のご意見を頂いております。私たち3名は、引き続き皆様の声を拝聴したく、賛成・反対を問わず、ご意見をお待ちしております(私あてには、このサイトの「ご質問・ご意見」フォームをご利用下さい。なお、頂いたご意見は、私たち3名の間に限って、共有させて頂きますので、ご了承下さい。)


課題解決に向けての議論のご提案(2)

令和4年2月3日付けのご回答をメール及びレターパックにて拝受しました。早急に対応して下さりありがとうございました。「頂戴しました様々な課題について、しっかり協議をおこなう」と書かれていました。

今回ご提示した3つの課題

第1 カード転送の安定化
第2 法制度・バンドプラン改善対応
第3 財政健全化

は、どれも数年前から、緊急の課題として問題提起されてきたものですが、近年、改善に向けた動きがみられなかったものです。この度、「しっかり協議をおこなう」とお返事を頂いたことで、今後、どのように動かれるのか、私たちだけでなく、全国のJARL会員が注目しています。

今後、3つの課題についてそれぞれ、①どのようなメンバーが、②いつまでに結論を出すのかについて、しっかりと協議をして頂きたく存じます。例えばですが、ちょうど、今月26日・27日の週末に、JARL第59回理事会が予定されているので、その場で協議されてはいかがでしょうか。

私たち3名は、昨年の社員総会で社員から提起された「もっと対話を」との声を受け、以上の緊急課題を解決するための協議に参加することで、会長に全面的にご協力申し上げる準備がございます。具体的な進め方について議論する場をお願いしたく、ご連絡をお待ちしております。

以上

(2022-02-07 記)

2022年2月7日(月)にレターパックライトで発送した上記文書は、本日(2月9日(水))、JARL事務局に届きました。事務局からも受領した旨の確認メールを頂いています。

(2022-02-09 記)

「課題解決に向けての議論のご提案」に対し、JARL会長からお返事があり、さらにご提案をお送りしました。」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: JARL選挙立候補に当たっての所信(2022年関東社員) | 7K1BIB/AC1AMの業務日誌

  2. ピンバック: JARL正常化プロジェクトについて、JARDについて | 7K1BIB/AC1AMの業務日誌

  3. ピンバック: JARL正常化プロジェクトについて、JARDについて – JARL正常化プロジェクト

  4. ピンバック: 「技適」を利用した免許手続きの簡素化とは? | 7K1BIB/AC1AMの業務日誌

  5. ピンバック: ご支援ありがとうございました(2022年JARL選挙・社員当選) | 7K1BIB/AC1AMの業務日誌

  6. ピンバック: 準備書面を提出しました(第11回JARL定時社員総会) | 7K1BIB/AC1AMの業務日誌

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中