「デジタル人材」の確保や育成のために必要だと思うことはなんですか?

デジタル庁が、「デジタル人材」の確保や育成のために必要だと思うことについて、意見募集をしています(2021-11-18まで)。

https://polipoli-gov.com/issues/VlJFCEJqGWyLl3qmPPnr

私は、以下の意見を提出しました。

(ここから)
・総務省は、最近、ワイヤレスIoT人材の裾野を広げるための取り組みとして、無線従事者資格を持たない者(特に小中学生)によるアマチュア無線の体験制度や、アマチュア無線を活用した社会貢献活動等の制度を導入しています。日本の産業を支えている技術者は、若い頃にアマチュア無線に触れていた人が大変多いのです。今でもアマチュア無線には熱意あるファンが多いのですが、従事者免許を取り開局をするための一連の手続きがとても面倒で、アマチュア無線への参入障壁になっています。

・令和3年8月に公表された総務省「デジタル変革時代の電波政策懇談会」報告書は、「ワイヤレス人材やデジタル人材の育成、無線技術の実験・研究開発の促進といった観点から、より自由で試行錯誤がしやすい実験・研究環境の実現、無線従事者資格取得から無線局の開設・運用までの手続の迅速化など、アマチュア無線をより活用しやすい制度・環境の実現に向けて」検討を進めると提言しています。

・従来の総務省の考え方は、アマチュア無線であっても他の業務無線と同じ扱いをするというものでしたが、アマチュア無線の本質は無線技術の実験・研究開発ですので、確実な通信を目的とする他の業務無線とは異なる扱いをすべきです。試行錯誤のためにいちいち行政の手続きを取らないといけない現状は、アマチュア無線の本質を阻害しています。手続きなしに試行錯誤できる環境を整えることは、デジタル人材の育成に資することであり、デジタル庁からも、総務省に対し、積極的に手続きの簡素化を進めるよう働きかけていただけるようお願い致します。
(ここまで)

(2021-11-18 記)

15分後くらいに、投稿した意見が公開されました。投稿ページの一番上でなくて、一番下に公開されるのですね・・5ページ繰っていかないとたどり着けませんでした。下記は、5ページ目に公表されていた私の意見をクリックして開いた窓へのリンクです。

https://polipoli-gov.com/citizens/Vr7ESZs9wgciGEZboD4s/profile/comments/nm1AlpunXGwUozEuKqdi

(2021-11-18 21:55 追記)

「デジタル人材」の確保や育成のために必要だと思うことはなんですか?」への3件のフィードバック

  1. とりあえず、いいねを押しました。まだ0だったので1になりました。投稿ページの上になるには多くのいいねを獲得しなければいけないのでは?最上位は現在1,000のようです。

      • お早うございます。どうも129件で足切りしておりいいねの少ない意見は閲覧含まれないようになっているようですね。BIBさんの投稿は現在幸いにもいいねが2つついているので3ページ目(全129件中 61-90件)で閲覧できます。今でもいいねの受け付けは続いているようなので、できれば2桁ぐらいにしておく方が。。。

        総務省での議論は「ワイヤレスIoT人材の裾野を広げる」観点から委員と事務方での総花的な対応の羅列を部外者から「手続きの簡素化」に具体化した経緯があったと記憶しています。一方でデジタル庁は「デジタル人材が不足」に対する仕組みの観点からの議論提起で出された意見も現場の切実さがあります。少し裾野を広げて「寄り道と道楽も必要」かなと委員と事務方に思わせるために、総務省での意見がデジタル庁で今後どのように扱われるか見守っておく価値はあると思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中