米国FCCの「アマチュア通信と運用に関するFAQ」抜粋(仮訳付き)

今回の「アマチュア無線による社会貢献活動」に関する制度改正は、海外の制度、特に米国)を参照しているようです。Twitterで、FCCの”Amateur Communications & Operations FAQ”をご紹介いただきました。

この中から、今回の改正案に関係しそうなFAQを抜粋し、その仮訳(Google翻訳を一部手直ししたもの・・作業中→手直し作業終了)とともに展開します。特に、赤字部分に注目したいと思います。

原文前文: Amateur Communications & Operations FAQ
Google翻訳による和訳全文: アマチュア通信と運用に関するFAQ

Communications(コミュニケーション)

Q:What are the standards that I should use when deciding whether or not my station should transmit a certain type of communications?

A:Section 97.113 provides four general standards for you to observe. In summary, any amateur-operator-to-amateur-operator communication is permitted, unless it is:

  1. Specifically prohibited, or
  2. Transmitted for compensation, or
  3. Done for the pecuniary benefit of the station control operator, or
  4. Done for the pecuniary benefit of the station control operator’s employer.

Q:自局が特定の種類の通信を送信するかどうかを決定するときに使用すべき基準はどのようなものですか?

A: Section 97.113は、あなたが遵守すべき4つの一般的な基準を示しています。要約すると、次の場合を除いて、アマチュア・オペレーターからアマチュア・オペレーターへの通信は許されます。

  1. 当該通信が特に禁止された事項にあたる場合、または
  2. 当該通信が報酬(compensation)のために送信される場合、または
  3. 当該通信がステーション・コントロール・オペレーターの金銭的利益のために行われる場合、または
  4. 当該通信がステーションコントロールオペレーターの雇用主の金銭的利益のために行われる場合。

Q:Why doesn’t the FCC just provide me with a list of communications suitable/unsuitable for the amateur service?

A:A request to develop and maintain a list of anecdotal examples has been considered. See Report and Order in PR Docket No. 92-136 adopted July 15, 1993, 58 Fed. Reg. 43071, August 13, 1993; 8 FCC Rcd 5072 (1993). The FCC, however, declined to devote staff resources to such a project. In summary, there are two reasons:

  1. There would have to be thousands of examples
  2. To maintain a list would necessitate that the FCC intrude upon the day-to-day functioning of the amateur service to a far greater degree than is desirable.

Q:FCCが、アマチュア業務に適した/不適切な通信のリストを提供しないのはなぜですか?

A:事例リストを作成・維持してほしいとの要求があり、検討されたことがあります。1993年7月15日付けで採択されたPR Docket No. 92-136の報告及び命令(58 Fed. Reg. 43071, August 13, 1993及び8 FCC Rcd 5072 (1993)に掲載)を参照してください。しかし、FCCは、そのようなプロジェクトにスタッフのリソースを費やすことを拒否しました。要約すると、2つの理由があります。

  1. 何千もの例が必要になります
  2. リストを維持するために、FCCがアマチュア業務の実態に日常的に立ち入る必要が生じ、その程度は、好ましいよりもはるかに大きな程度に至ることになります。

Q:What types of communications are specifically prohibited?

A:Section 97.113 contains the specific prohibitions. In summary, your amateur station may not transmit:

  1. Communications specifically prohibited by the Rules;
  2. Communications for hire or for material compensation, direct or indirect, paid or promised, except as otherwise provided in the Rules;
  3. Communications in which the station licensee or control operator has a pecuniary interest, including communications on behalf of an employer. You may, however, notify other amateur operators of the availability for sale or trade of apparatus normally used in an amateur station, provided that such activity is not conducted on a regular basis;
  4. Music using a phone emission except as specifically provided elsewhere in Section 97.113; communications intended to facilitate a criminal act; messages in codes or ciphers intended to obscure the meaning thereof, except as provided for space telecommand (see Section 97.211(b)), telecommand of model craft (see Section 97.215(b)), and RTTY and data emission codes (see Section 97.309(b)); obscene or indecent words or language; or false or deceptive messages, signals or identification;
  5. Communications, on a regular basis, which could reasonably be furnished alternatively through other radio services.

Q:どのような種類の通信が特に禁止されているのですか?

A:セクション97.113には、特定の禁止事項が含まれています。要約すると、あなたのアマチュア局は以下を送信することは許されません:

  1. 規則で特に禁止されている通信;
  2. 規則に別段の定めがある場合を除き、雇用されて行う通信、または直接または間接を問わず、支払われまたは支払いを約束された、意味のある(material)報酬のために行う通信。
  3. 無線局の免許人またはコントロール・オペレーターが金銭的利益を有する場合における通信(雇用主のために行う通信を含む)。ただし、アマチュア局で通常使用される装置の販売または取引が可能であることを他のアマチュア無線家に通知することは、そのような活動が定期的に行われない場合に限り、行うことができる。
  4. セクション97.113の他の場所で特に規定されている場合を除き、電話を利用した音楽の送信。犯罪行為を助長することを目的とした通信。その意味を曖昧にすることを目的としたコードまたは暗号のメッセージ(宇宙遠隔指令(セクション97.211(b)を参照)、模型飛行機の遠隔指令(セクション97.215(b)を参照)、並びにRTTYおよびデータ出力コード(セクション97.309(b)を参照)として定義された場合を除く); わいせつまたは下品な言葉または語句; または虚偽若しくは欺瞞的なメッセージ、信号または識別符号。
  5. 他の代替的な無線業務によって、日常的かつ合理的に提供できる通信。

Two-Way Communications(双方向通信)

Q:What types of two-way communications are amateur stations specifically authorized to transmit?

A:Section 97.111(a) provides for two-way communications. In summary, amateur stations are authorized to exchange messages with:

  1. Other stations in the amateur service, except those in any country whose administration has given notice that it objects to such communications. Moreover, transmissions to a different country, where permitted, must be made in plain language and must be limited to messages of a technical nature relating to tests and to remarks of a personal character for which, by reason of their unimportance, recourse to the public telecommunications service is not justified. Section 97.117 provides for international communications. The FCC also issues a public notice listing arrangements for international communications.
  2. A station in another FCC-regulated service while providing emergency communications;
  3. A United States Government station necessary to providing communications in RACES; and
  4. A station in a service not regulated by the FCC, but authorized by the FCC to communicate with amateur stations.
  5. A participating United States military station during the annual Armed Forces Day Communications Test.

Q:アマチュア局が特に送信を許可されているのは、どのような種類の双方向通信ですか?

A:セクション97.111(a)は、双方向通信を規定しています。要約すると、アマチュア局は以下とメッセージを交換することを許可されています。

  1. 他のアマチュア局。ただし、そのような通信に反対することを行政が通知した国の無線局は除く。さらに、他国への送信は、それが許可されている場合でも、平易な言葉で行われなければならず、試験に関連する技術的な性質を有するメッセージと、重要でないために公の通信手段に依頼することが正当化されないような個人的な性質を有するメッセージに限定される。セクション97.117は、国際通信について規定している。FCCはまた、国際通信のための取り決めを列挙した公告を発行する。
  2. FCCにより規制された他の業務局(緊急通信を提供している間であれば)。
  3. RACESにおける通信を提供するために必要な米国政府の局、そして
  4. FCCによって規制された業務に携わる局ではないが、アマチュア局と通信するためにFCCによって許可された局。
  5. 毎年恒例の軍隊記念日通信試験に参加している米軍局。

Q:What types of one-way communications are amateur stations authorized to transmit?

A:Section 97.111(b) provides for one-way communications. In summary, auxiliary, beacon, space and stations in distress are specifically authorized to make certain one-way transmissions. Additionally, an amateur station may transmit the following types of one-way communications:

  1. Brief transmissions necessary to make adjustments to the station;
  2. Brief transmissions necessary for establishing two-way communications with other stations;
  3. Telecommand;
  4. Transmissions necessary to providing emergency communications;
  5. Transmissions necessary to assisting persons learning, or improving proficiency in, the international Morse code;
  6. Transmissions necessary to disseminate an information bulletin; and
  7. Telemetry.

Q:アマチュア局はどのような種類の一方向通信を送信することを許可されていますか?

A:セクション97.111(b)は、一方向の通信について規定しています。要約すると、補助局、ビーコン局、宇宙局および災害に遭っている局は、一定の一方向の送信を行うことを特に許可されています。さらに、アマチュア局は次の種類の一方向通信を送信することができます。

  1. 無線局の調整に必要な短い送信。
  2. 他の無線局との双方向通信を確立するために必要な短い送信。
  3. 遠隔指令;
  4. 緊急通信を提供するために必要な送信。
  5. 国際モールス符号を学習し、または習熟度を向上させている人を支援するために必要な送信。
  6. 情報速報(information bulletin)を広めるために必要な送信。そして
  7. テレメトリー。

Q:What is an “information bulletin”?

A:The term is defined in Section 97.3(b). It is a message directed only to amateur operators and consists solely of subject matter of direct interest to the amateur service. The control operator of the station transmitting an information bulletin is responsible for determining that the subject matter is of direct interest to the amateur service.

Q:「情報速報」とは何ですか?

A:この用語はセクション97.3(b)で定義されています。これはアマチュア無線家にのみ向けられたメッセージであり、アマチュア業務に直接関係のある話題のみで構成されているものです。情報速報を送信する無線局のコントロール・オペレーターは、話題がアマチュア業務に直接関係があると判断することについて責任を負います。

Compensation for Using an Amateur Station(アマチュア局の使用に対する報酬)

Q:What do the Rules provide with respect to compensation for the use of an amateur station or for being the control operator of an amateur station?

A:Section 97.113 states that an station must not transmit communications for hire or for material compensation, direct or indirect, paid or promised, except as otherwise provided in Part 97. Section 97.3, moreover, defines the term “amateur service” as “A radiocommunication service for the purpose of self-training, intercommunication and technical investigations carried out by amateurs, that is, duly authorized persons interested in radio technique solely with a personal aim and without pecuniary interest.”

Q:アマチュア局の使用またはアマチュア局のコントロール・オペレーターになることに対する報酬に関して、規則は何を定めていますか?

A:セクション97.113は、パート97で別途規定されている場合を除き、雇用されて行う通信、または直接若しくは間接を問わず、支払われまたは支払いを約束された、意味のある(material)報酬のために行う通信を送信してはならないと述べています。さらに、セクション97.3は、「アマチュア業務」という用語を、「アマチュア、すなわち個人的な目的のみで金銭的利益なしに無線技術に関心のある正式に許可された者によって行われる自己訓練、相互通信、および技術的調査の目的で行われる無線通信業務」と定義しています。

Q:Are there exceptions to this rule?

A:YesSection 97.113 provides for four situations where a person may accept compensation for being the control operator of an amateur station:

  1. As an incident of a teaching position during periods of time when an amateur station is used by that teacher as a part of classroom instruction at an educational institution.
  2. As the control operator of a club station transmitting telegraphy practice or information bulletins. Compensation may be accepted, however, only:
    • For those periods of time when the station is transmitting telegraphy practice or bulletins; and
    • Where the station transmits telegraphy practice and bulletins for at least 40 hours per week; and
    • Where operations are scheduled on at least six amateur service MF and HF bands using reasonable measures to maximize coverage; and
    • Where the schedule of normal operating times and frequencies is published at least 30 days in advance of the actual transmissions; and
    • Where the control operator does not accept any direct or indirect compensation for any other service as a control operator.
  3. A station licensee or control operator may participate on behalf of an employer in an emergency preparedness or disaster readiness test or drill, limited to the duration and scope of such test or drill, and operational testing immediately prior to such test or drill.
  4. An amateur operator may notify other amateur operators of the availability for sale or trade of apparatus normally used in an amateur station, provided that such activity is not conducted on a regular basis.

Note that control operators of other types of stations (refer to Section 97.5) transmitting telegraphy practice or information bulletins may not accept compensation.

Q:この規則に例外はありますか?

A:はい。セクション97.113は、ある人がアマチュア局のコントロール・オペレーターになることに対する報酬を受け取ることができる4つの場合を規定しています。

  1. 教育機関の教室における指導の一部として、当該教師によってアマチュア局が使用されている期間中に、教職として。
  2. 電信練習や情報速報を送信するクラブ局のコントロール・オペレーターとして。ただし、次の場合にのみ報酬を受けることができる。
    • 局が電信練習または速報を送信している期間のみについて、
    • 局が週に少なくとも40時間、電信練習と速報を送信する場合であって、
    • 聴取可能範囲を最大化するための合理的な手段を使用し、少なくとも6つのMF帯およびHF帯アマチュアバンドで運用がスケジュールされている場合であって、
    • 実際の送信の少なくとも30日前に、通常運用の時間と周波数のスケジュールが公開されている場合であって、かつ
    • コントロール・オペレーターが、コントロール・オペレーターとしての業務以外の業務に対する報酬を、直接または間接を問わず、受け取らない場合。
  3. 無線局の免許人またはコントロール・オペレーターは、雇用主のために、緊急時の準備または災害準備のための試験または訓練に参加できるが、当該試験または訓練の期間と範囲、及び当該試験または訓練の直前に行われる運用テストに限定される。
  4. アマチュア無線家は、他のアマチュア無線家に、アマチュア局で通常使用される装置の販売または取引の可能性を通知することができるが、そのような活動が定期的に行われない場合に限る。

電信の練習や情報速報を送信する他の種類の無線局(セクション97.5を参照)の制御コントロール・オペレーター(2020-10-22 22:20誤植修正。TNX>JH4PHW)は、報酬を受け取ってはならないことに注意されたい。

Operations in Emergencies(緊急時の運用)

Q:Is it correct that my station must not transmit analog voice emissions on the HF band digital emission segments even during an emergency?

A:Yes. The Rules, including the analog/digital emission exclusive segments, are carefully designed to provide an amateur radio service in the United States that has certain fundamental purposes. Section 97.1 declares that the foremost purpose is expressed in the principle of recognition and enhancement of the value of the amateur service to the public as a voluntary, noncommercial communication service, particularly with respect to providing emergency communications. It would be illogical to abandon these Rules — which are carefully developed through the rule making process with the input of amateur operators and organizations experienced in providing emergency communications — during an event of the very type for which the Rules were intended.

Q:私の無線局は、緊急時でも、HF帯のデジタル送信セグメントでアナログ音声放出を送信してはならないというのは正しいですか?

A:はい。ルールは、米国におけるアマチュア無線業務をいくつかの基本的な目的を有するものとして規定するように慎重に設計されており、アナログ/デジタル送信専用のセグメントもこれに含まれます。セクション97.1は、公共に対するアマチュア無線の価値は、自主的で非営利的な通信業務である(とりわけ緊急通信の提供に関し)ことを認め、推進するという原則が、(アマチュア無線の)最も重要な目的であると宣言しています。ルールは、ルールメイキングプロセスを通じて慎重に育て上げられてきたのであり、当該プロセスは、ルールがまさに想定しているタイプの事象の間に非常通信を提供することにつき経験を有するアマチュア無線家や団体のインプットをともなっていたのだから、これらのルールを放棄することは、道理に合わないであろう。

Q:Are there exceptions?

A:Yes. There are two exceptions. In summary:

  1. Section 97.403 states that no provision of the Rules prevents the use by an amateur station of any means of radiocommunication at its disposal to provide essential communications in connection with the immediate safety of human life and immediate protection of property when normal communication systems are not available.
  2. Section 97.405 states that no provision of the Rules prevents the use by an amateur station in distress of any means at its disposal to attract attention, make known its condition and location, and obtain assistance. A sinking ship is a good example. It further states that no provision of the Rules prevents the use by a station, in that exceptional circumstance, of any means of radiocommunications at its disposal to assist a station in distress.

Q:例外はありますか?

A:はい。2つの例外があります。要約すれば:

  1. セクション97.403は、通常の通信システムが利用できない場合に、人命の即時の安全と財産の即時の保護に関連する不可欠な通信を提供するためであれば、アマチュア局が、自己の判断で、あらゆる無線通信手段を使用することを妨げる規定はルール内にはないと定めています。
  2. セクション97.405は、規則の規定は、注意を引きつけ、その状況と場所を知らせ、支援を得るためであれば、危機状況にあるアマチュア局が、自己の判断で、あらゆる手段を用いることを妨げるものではないと述べています。沈没船は良い例です。さらに、そのような例外的な状況において、危機状況にある局を支援するために、ある局が、自己の判断で、あらゆる無線通信手段を用いることを妨げる規定もまた、ルール内にはないと定めています。

(2020-10-20 記)

(2020-10-22 01:40翻訳文の修正いちおう完了)

米国FCCの「アマチュア通信と運用に関するFAQ」抜粋(仮訳付き)」への5件のフィードバック

  1. 山内さん、杉本です。

    JARL改革への積極的なお取り組みに心から敬意を表します。今回の制度改正は当然あるべきこととして歓迎ですが、アマチュア無線家がどれだけこれに呼応して実際に活動するかが問われる内容だと考えています。

    このFAQもふだん読んではいないので、とても実務的で参考になります。取り上げて下さって有難うございます。日本文も読みやすいので、頭にすんなりと入りますが、次のところがピンときませんでしたので、率直に申し上げます。

    Communications

    セクション 97.113 で may not transmit が「送信しないかもしれません」の部分です。英語の不得手ですので、may not が must not とどう違うのか、日本語としてどんな意味をもつかわかっていないのですが、「送信しないかもしれません」は、法律用語としてはあるとしても技術的用語としてはピンとこないと思います。「してはいけません」の意味かと解釈します。

    Two-Way Communications

    97.111(b)では「困窮している補助、ビーコン、宇宙およびステーション」は「補助、ビーコン、宇宙および遭難局」ではないかと思います。

    Compensation

    compensation 補償 は「報酬」、provide 提供は「規定」と統一されてもよろしいかと思います。用語を統一していただくと、いっそう読みやすくなります。

    頭が弱くて精読ができていませんので、中間ご連絡まで。73, jg1gwl/ke6qx/ve3ksj/g1gwl

    • 杉本さん、ありがとうございます。コメントいただいた時点では、Google翻訳そのままの部分と私が直した部分が混在していたので、訳語が統一されておらず、特に後半は読みにくかったと思います。昨日、夜中の1時くらいまで掛けて、いちおう最後まで見直しました。

      may not transmitは、ご指摘のとおり、「送信してはならない」の意味だと思います(その趣旨に修正しました。)。

      97.111(b)に言及している部分”auxiliary, beacon, space and stations in distress”の”in distress”は、ご指摘のとおり、直前の”stations”だけを修飾していると思います(正確には、”auxiliary, beacon and space stations and stations in distress”と書くべきところなので、Google翻訳が惑わされたのでしょう。他にも、文法的にあれ?と思う箇所が何カ所かありました。)。

  2. ありがとうございます.このようなFAQはFCCとARRLの共同作業でできたものでしょうか?法令案はともかく,今回のJARL/JARDの請願書提出には大きな問題があったのでは無いかと思います(特にJARL).JARLがやるべきだった(そして,現在でもやるべき)なのは,今回のような内容の請願書を安易に総務省に提出することではなく,アマチュア業務の定義内で可能な事項を自らで調査・整理し,それをもとに日本のアマチュア無線局の合意を作る作業を行うことではなかったかと思います.やってる感を出すためのパフォーマンスではなく.これが可能なのもJARLだけだと思います.今後のますますのご活躍を期待いたします.

  3. ピンバック: アマチュア無線の社会貢献活動での活用省令改正案 これまでとこれから | 7K1BIB/AC1AMの業務日誌

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中