オンライン「東海ハムの祭典」にパネリストとして参加

2020年8月23日に開催された第52回東海ハムの祭典は、「日本初のオンライン・ハムフェア」として、ZoomウェビナーとYouTubeを使ってオンライン・オンライン配信されました。

私は、10時30分から1時間の枠、伝統の行事「支部と語る会」に、パネリストとしてお招きいただき、オンライン参加させていただきました。

事前に、「『支部と語る会』というタイトルなるも、東海地方支部との対話は最初だけで、あとはJARLの現状について議論することになりそう」と聞いており、実際にそのとおりになりました。JJ1WTL本林さんがさっそくまとめを公開されています(ご自身もパネリスト)。ぜひご一読下さい。

Rept on #52東海ハムの祭典 支部と語る会

JARL執行部の現状については、JARL正常化プロジェクトのウェブサイトや私のこのブログで情報発信申し上げてきたところですが、文字ではなく言葉で、しかもオンラインで全国のアマチュア無線家の皆さんに情報発信できたことは、とても有意義なことでした。Twitter、Facebook、メール等々で、「JARL執行部の現状について初めて聞いた」「問題点がよくわかった」という、たくさんの声を頂きました。Zoomのチャットでリアルタイムに意見交換できたのも大変よかったと思います。


ところで、私も巡回拝読している「TAKAさんの毎日が発見・ブログ」が「東海ハムの祭典」について記事を公表されています。

東海ハムの祭典

4枚目の写真は私ですね。「ハムらしい背景 発言者はこれぐらい大きいほうが良さそう」と書いてくださって、前日から「写り」を気にして準備していた私としては冥利に尽きます^^/

映像ではどういう状況かわかりにくかったと思いますので、思い切って私のシャックを公開しちゃいます。ゴチャゴチャシャックでお恥ずかしいのですが、Zoomに映っていた私の背中側から撮った写真です。ノートPCの右上に丸いWebカメラが写っていますが、これでZoomに参加していました。

7K1BIBのシャック

Zoom画面上私の右側に映っていたのは、席の左手に並べている古いリグたちです。昔の古いリグの「味」に抗えずこんなに集めてしまいました。

RJX-601が2台あるのは初期型(下:「NATIONAL」)と後期型(上:「National」)です。この機種、リアルタイムには知らない世代なのですが、写真で見てパネルのかっこよさに惚れ込み、ヤフオクで落としてしまいました。

夜になるともっと美しい。

学生時代、リアルタイムに憧れていたのは、下の写真の下に写っているTR-851Dです。ディスプレイの色、その右下のモード表示部分の精巧さ、四角いボタン・・。30年経って「大人買い」することができました。

TR-851DとFT-720U

TR-851Dの上に乗っているのは、FT-720Uという430MHz/10Wモノバンダーです。25年以上前、就職直後でカネがなく、5Wハンディ機でしょぼい波しか出せなかった私を見かねた札幌ローカルのOMがサプライズで下さったものです。40年以上前の1979年発売の機種ですが、今でも送受信できます(局免上も)。絶対に捨てられない想い出のリグです。


話がかなり脱線しました。東海ハムの祭典で議論されたことは、嘘偽りありません。現執行部の問題は過去の話、私たちはJARLの未来を語りたいのです。

わずか1ヶ月で「オンライン・ハムフェア」を実現し、各エリアで体験局を開設。実際に行動するJARL正常化プロジェクトのメンバーに、JARLの運営を任せていただけませんか?

すべては、9月5日の続行会での社員の皆様の行動にかかっています。

(2020-08-25 記)

オンライン「東海ハムの祭典」にパネリストとして参加」への2件のフィードバック

  1. JO1DGE(AKI) 小田原の久保寺といいます。はじめまして。
     先日の東海ハムの祭典では、開放された1.9MHz帯の音声通信の運用について、適切なアドバイスをいただき、ありがとうございました。今までA1Aから3MA への変更申請を終わらせていましたが、古い無線機で技術基準適合証明はあるもののメーカーによる1.9MHz帯での音声通信の認定はされていないようでしたので立ち止まっていました。アドバイスのあと、早速、総通へ工事設計書の備考欄へ音声通信の追加の届け出をして1.8MHzでのSSBデビューをしました。
     さて、JARLの運営についてですが、今まで私は、執行部へのお任せ派(無関心派)でした(ハムフェアでのモールス通信体験コーナーなどで、できる範囲での協力はしていたのですが)。今回のWeb会議をきっかけに山内さんはじめとして出された資料を拝見いたしました。まだまだ勉強不足ですが、JARLが健全で且つ建設的で未来志向の組織になることを願っております。応援していきたいと思いますし、できることには協力していきたいと思います。
     ここのブログをお気に入りに登録すると共に、私のブログからのリンクを許可願いたいと思います。

    • 久保寺様、コメントありがとうございます。1.9MHz/SSBについてはお役に立てたようで光栄です。法制度に関する情報提供は、本来はJARLがやる仕事だと思うのですが・・。

      「お任せ派」の方が安心して任せられるような執行部であることが理想ですが、今の執行部は残念ながらそこからはほど遠い状況にあります。おっしゃるとおり、健全で建設的で未来志向の組織にできるよう、仲間といっしょにできることから手を付けていきたいと思います。

      お気に入り登録、リンク、いずれももちろん歓迎です。正常化プロジェクトのブログ(https://jarl2020.wordpress.com/ )とともに、どうぞ拡散して下さい。

      引き続き注目とご支援をお願い申し上げます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中