流星散乱通信を初体験

2019年12月13日(金)から、「ふたご座流星群」が活発になっており、14日(土)夜から15日(日)にピークを迎えるとのことでした。

https://www.hamlife.jp/2019/12/12/ms-gemini-2019/

流星散乱通信は経験したことがありません。うちの設備では無理だろうと思いつつ、試みに、14日の夜から15日の朝まで、以下の環境で受信状態のまま放置してみました。

6mシングルバンドモービルホイップ(HR50/2.13m)
FT-857DM
50.260MHz/MSK144/WSJT-X v2.1.2

朝起きて、PSKReporterに上がった受信局をみてみると・・・

2019-12-15.png

なんと、8/7/1/9/2/5エリアからの信号が受信できています!この時期の夜中にEスポはまず出ないでしょうから、流星散乱によるものと推測されます。

メテオスキャッター、初体験でした。

(2019-12-16 記)

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中