VX-8DE増設、TSS経由で9ヶ月・・

7K1BIBの第23送信機として、VX-8DE(VX-8Dの英国バージョン)を増設しました。技適を外れていますのでTSSの保証認定を利用。TSSへのオンライン申請は却って時間がかかるので、ペーパーで申請しました。

VX-8D欧州バージョンの送信可能範囲はJAバージョンと同じであり、たった1台の増設なので手続きはすぐに終わるだろう、と思っていました。ところが。

申請日 2017年10月28日・・・

待たされること9ヶ月以上・・・・・

2018年8月7日 本日、ようやく無線局免許状受領・・・

P_20180807_221218_vHDR_Auto.jpg(欧州バージョンのVX-8Dは”STANDARD”ブランドではなく”YAESU”なのです)

申請後、2ヶ月ほど経っても連絡がなく、TSSに問い合わせるも曖昧な状況説明とともに「すぐに対応する」との返事。年が変わって春になっても埒が明かないので、思い切って関東総通に裏取りの電話をしたところ、TSSにおいて私に知らせずに作成し直した工事設計書に不備があったりして、TSS・関東総通間を3往復していたことが判明。関東総通から聞いた不備をTSSに私から伝えて、ようやく終了。

結局、TSSへの電話での問い合わせは10回以上。最後まで保証番号は不明。

人の批判はしたくないが、あまりにも残念な対応。たぶん、TSSは2度と使わない。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中