CQ誌デビュー!(2017年1月号)

CQ誌にデビューしました!
拙稿「ドイツ・イタリア・フィンランド 欧州3国運用記」(CQ ham radio 2017年1月号92頁)

CQ誌のウェブサイトにまで。
http://www.cqpub.co.jp/cqham/

当ブログの2016年11月6日付け記事で「ヨーロッパで運用(続きは後日)」としたのは、CQ誌に記事を書かせていただいていたからなのでした。

若干の補足です。

CEPT T/R61-01に関する拙稿はこちら

93頁の注に、海外のD-Starレピーターを検索できるサイトのURLを貼り付けましたが、詳しくは以下のとおりです。
※4  D-STAR InfoのClosest Repeatersページ
http://www.dstarinfo.com/closest-repeaters.aspx       :ロケーションを入力して検索。

※5 D-STARusers.orgのRepeater Directory
http://www.dstarusers.org/repeaters.php       :countryを選択。
または
http://www.jfindu.net/DSTARRepeaters.aspx       :コールサインを選択。以前は地図が見えたのですが・・。

以上、検索結果は微妙に異なるようです。

※6 ヨーロッパのD-STARネットワークであるircDDBに接続しているレピーター・アクセスポイントの一覧
http://ircddb.net/       :ここで国を選択。

JAからEUにアクセスできるD-STARレピーター・ホットスポットは、実は少ないことがわかります。

フィンランドで訪問させていただいたRadio Club of Kauniainenのウェブサイトはこちら:
http://www.krk.fi/in-english
https://www.qrz.com/db/OH2K/

Nokiaの携帯電話のアマチュア機化に関するページ:
http://oh3tr.ele.tut.fi/english/modifications.html

ご感想などお聞かせいただけましたら幸いです。

広告

CQ誌デビュー!(2017年1月号)」への9件のフィードバック

  1.  はじめまして、JA0JHQと申します。CQ誌1月号、拝見致しました。また、CEPTに関する記事も拝見し、大変、勇気付けられております。今後はヨーロッパでも、比較的スムーズに運用ができるのかな?と思います。また、ベトナムにも行ってこられたそうですね? 記事も拝見致しました。私もいつか、出かけたいな、と思っております。私はJT65は遣ったことがありませんが、もしお空でお会いする機会などありましたら、どうぞよろしくお願い致します。今後の記事も、期待しております。

    • hosokawaさま、コメントありがとうございます。CEPT 02は長期滞在者向けの制度なので、短期旅行者に直接メリットがあるわけではないのですが、国籍を問わないという今回の日本政府の見解は、いろいろな方面に対しボディーブローのようにいい影響を与えてくれるのではないかと期待しています。ベトナムのほかにシンガポールとか、相互協定にこだわらずに外国人を受け入れてくれる国があるのですよね。アマチュア精神からすれば、日本もそうありたいと思っています。お空でもぜひお会いしましょう。

  2. 7K1BIB 山内OMさま。
    私JA2LLK みずさきと申します。

    先月よりD-starを始めました初心者です。
    CQ誌今月号(1月号)の記事を拝読いたしまして、
    おうかがいしたいことがあります。

    ドイツからJAの局がD-Starを使用しゲート越えでJAに
    アクセスを試みたところIrcDDBのネットワークにリピーターが接続していないと
    ゲート越えはできなとドイツのD-Star管理団体から言われた。とありました。

    OMがCQ誌に記されておられますIrcDDBのサイトでJAのリピーターircDDB
    に接続しているリピーターを確認したところ13局程しかありませんでした。
    国内(JA)からこの13局のリピーターに接続できないとヨーロッパとD-star利用の
    QSOができないと理解いたしますが、そうでしょうか?

    また、他の海外、オセアニア、アメリカなども同様なのでしょうか?
    (私がD-starをはじめました主な理由は海外とのQSOが目的であります)

    年始のお忙しい中恐れ入りますがお時間のご都合がつくときで結構
    ですので、ご教示願えれば幸いです。

    よろしくお願いいたします。

    • JA2LLKみずさき様
      コメントありがとうございます。

      技術的なことはよくわからないので、ざっくりとしたご返信になりますが、残念ながら、D-STARでの海外との交信は、「ICOMが宣伝するほど簡単ではありません」。

      D-STAR網の全体像については、この↓ページにある7L1RLL局作成の「模式図」をごらんになるとイメージがつかめると思います。
      http://www1.u-netsurf.ne.jp/~7l1rll/D-STAR_Evolutions_Club.xml

      ざっくりというと、現在のD-STARは、日本(G1世代)、米国(G2世代・DPlus)、ヨーロッパ(ircDDB)の3つに大きく分かれてしまっています(世界の他の地域は、「米国」か「ヨーロッパ」のどちらかに含まれます。)。これらの違いは、交信の相手方やレピーターががどこにいるかを探す「ルーティング」の方式の違いのようです(よくわかっていません。)。

      ヨーロッパは、記事に書きましたように、「ircDDBに接続している」ので、JAからですと、全国に5つしかないircDDB対応の公設レピーター(9エリアに1個、千葉に3つ、茨木に1つ)でないとアクセスできません。ircDDBにつながっている私設のアクセスポイントもあるようです(http://status.ircddb.net/cgi-bin/ircddb-gw?JPN このページの、レピーターコールサイン以外の局がそれだと思います。)。私も、そのような私設のアクセスポイントを自宅に設置しようと試みているのですが、まだ成功していません。

      米国は、JAとは違うネットワークである「DPlusに接続している」ので、そのままでは「ルーティング」はうまくいかないはずなのですが、1時間に1回、コールサインの情報をサーバー同士で交換しています。交換されている情報は、ここ↓に掲載されています。
      http://log.d-star.info/usr/JapanEntry.html

      みずさき様のコールサインもこのリストに載っていますので、米国のレピーターをリグの「TO」に指定し、「FROM」にお近くのレピーターを指定して電波を出せば、みずさき様の声が米国のレピーターから発信される(つまり、「ルーティング」はうまくいく)はずです。

      ところが、米国では、「TO」にレピーターを指定して1対1で交信する方式はほとんど行われておらず、みなさん、「reflector」というサーバー経由で交信しています。「reflector」の技術的なことはよくわからないのですが、どうも、複数のレピーターをつなげるサーバーのようなもので、1つのreflectorにつながっている複数のレピーターの間では、どのレピーターで呼びかけても、すべてのレピーターに音声が届けられる、という仕組みのようです。

      ですので、みずさき様の声が米国に届き、これに米国局が応答しようとしても、先方はみずさき様の最寄りのレピーター(またはみずさき様のコールサイン)を「TO」に入れる方法に慣れていないため、だれも応答してくれず、応答してもみずさき様のところまで声が届いてこない、という残念な結果になってしまいます。

      一部、JAのレピーターまたはコールサインを「TO」に指定する方法を知っている米国局がいます(日本人の現地局など)ので、その方が出てくるのを待つか、日本人が米国に行って、日本側を呼び出してくれるチャンスを待つしかないというのが現状です。

      私は、数年前にカナダに行き、西東京430のローカル局と交信することができましたが、なかなか苦労しました。

      というわけで、ICOMの宣伝通りにはうまくいきません。原因はいろいろあると思いますが、日本のD-STAR網がガラパゴス化しているような気もしています。

      つたないご説明で申し訳ありません。技術的に正確なところは、ネットを検索すると色々出てきますので、そちらをごらん頂ければと存じます。

      de 7K1BIB

  3. 7K1BIB 山内OMさま。

    迅速なご返答とご説明ありがとうございます。

    OMが記されておられますアメリカの件も
    D-star Newsに2015年に
    「海外のレピータを使用される方へ」の記事を
    読んだのですが「???」でしたが、OMの
    今回のご説明でこの件も含めかなりD-starに於ける
    OverseasのQSOの疑問点が氷解いたしました。

    OMが記されておられるますようにICOMがいうほど
    簡単に「国内ゲート越えQSO」のように行かないと
    いうことですね(残念!!)

    とてもご丁寧に解説いただきましてありがとうございます。
    いつかお空でお会いできます日を楽しみに
    致しております。

    vy best 73
    JA2LLK

    • いえいえ。わたしも経験に基づいてざっくりとした状況しかわからないのです。D-STARはなかなか難しいですね。ネットを使うなんてアマチュア無線じゃないという声もありますが、技術の探求という意味で立派なアマチュア無線のひとつだと思います。

      こんど、コールサイン指定で呼ばせてください。よろしくお願いします。

      • ありがとうございます。
        「岐阜金華山430」を通常利用しています。

        ちなみに金華山(標高329m)は岐阜城が頂上にあり
        その近くにこのレピーターが設置されています。

        岐阜城は斎藤道三>織田信長が居城し、
        今年は「信長公岐阜入城・岐阜命名450年」となり
        1年を通し諸々のイベントがあります↓
        http://www.nobunaga450.jp/

        岐阜市は昔は井口と呼ばれていましたが、
        信長公が「岐阜」と命名しました。
        岐阜市民は信長公が「名づけの親」と
        私め含め密かに誇りにしています(^^)が、
        「岐阜」自身が全国区ではありません………..(~~)

        JA2LLK

      • 水崎様

        妻の実家が岐阜なので、この正月は岐阜に行っておりました。岐阜金華山430を利用して東京のローカルとQSOしたりしていましたので、少し土地勘があります。NYPはちょっと苦労しましたが・・。

        さきほど、コールサイン指定でお呼びしたのですが、お聞きになっていらっしゃらなかったようですね。またお願いします!

      • おはようございます。

        普段は、夕方からワッチしていますが、昨日は仕事後、図書館に調べものがあり
        帰宅が遅くなりました。
        また、近いうちにお会いできますことを楽しみにしております…..

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中