3W3TY Vietnamで運用(免許編)

8月3日から8月9日まで、夏期休暇を取り、VietnamのDa Nangに行ってきました。ベトナムは、20年前にHo Chi Minhに行ったことがありますが、中部ベトナムは初めてでした。ダナンはリゾート地として日本人の間でも人気が出てきているそうです。20年の間にベトナム経済は大きく発展し、その変化を見るのも楽しみでした。

我が家の家族旅行、お父さんは一部の時間をアマチュア無線に使うことになっています(笑)。しかし今回はベトナム。外国人にアマチュア無線は許可にならないだろう・・と思ったのですが、調べてみると、Vietnam Amateur Radio ClubのPresidentであるMr. NGUYEN Bac Ai(XV2A/3W6AR)の仲介でライセンスを得ることができるとあります。

http://varc.qscope.org/ham-radio-licensing/

同氏に問い合わせたところ、申請書、パスポートと日本の従事者免許証のカラーコピーをメールで送れ、また「license fee and service fee」として50米ドルを同氏の銀行口座に送金せよとの回答がありました。

7月9日(土)に申請書等をメール送信し、50米ドルの送金は、手数料2500円と比較的安い郵便局(http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/sokin/kokusou/kj_sk_ks_koza.html )から行うことに決めました。

(※SBIレミットという国際送金業者(https://www.remit.co.jp/ )ですと手数料480円と格安なのですが、事前に口座を開設する必要があり、今回はあきらめました。)

週明けの11日(月)に郵便局に行き、50米ドルの送金を行おうとしたところ、何とマイナンバー通知カードの現物を持参しないと受け付けられない、また送金先の銀行口座の名義人の住所も必要とのこと。マイナンバー通知カードの現物を持ち歩かせる運用は紛失のリスクを生むのでやめた方がよいのでは?と思いつつ、翌12日(火)に50米ドルの送金手続を行いました(着金までは4~6営業日かかるとのこと)。

その後、Bac Ai氏とは連絡を取り合っていましたが、ベトナムに出発する日が近づいてもなかなか許可が出ません。運用許可が出ないままダナンに渡ったのち、Bac Ai氏からベトナム当局(The Authority of Radio Frequency Management http://www.rfd.gov.vn/en-us/Pages/home.aspx )に電話で督促をしていただいたところ、「すぐには出ない」との返事だったそうです。

もうもはや時間切れか・・とあきらめていたところ、8月5日(金)、ようやく「許可が出た」とBac Ai氏から連絡があり、デジカメ撮影された許可書がメールで送られてきたのです!申請から1ヶ月弱ですから、Bac Ai氏が相当頑張って下さったものと思います。滞在中の最終営業日であり、まさに最後のチャンスで運用許可が得られたのでした。

これでようやく運用できる!と準備を始めたところ、実際に波を出すまで、さらに紆余曲折をたどることになります。

続きは「サバイバル編」にて・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中