交流いち振幅変調(AC1AM)

2016年7月27日(米国東部時間)、US FCCからコールサインを頂きました。AC1AMです。

FCC試験合格が2016年7月16日(土)、VEのお話では、Certificate of Successful Copmletion of Examinationを週明けにARRLに発送して下さるとのことでしたから、米国側での手続は1週間から10日ほどかかったのでしょうか。試験合格からだいたい2週間くらいでコールサインが発行されるというご説明は、正確でした。

割当の確認は、AE7Qのデータベースサイト(http://www.ae7q.com/query/ )を利用させていただきまました。このサイトは、FCCのUniversal Licensing System (ULS)から提供されるWeekly file(週1回週末に提供される全データ)とDaily File(毎日提供される差分ファイル)のほか、約4時間おきにULSに問合せ(query)して最新の情報を取り込んでいるということのようです。
http://www.ae7q.com/query/text/Explain.php#Dates

Daily Fileは、毎日、日本時間の21時の少し前にULSから提供され(米国側で夜通しかけて反映させたデータがDaily Fileとして提供されると想像)、これをAE7Qはすぐにダウンロードして自分のデータベースに反映しているようです。
Retrieving update history
http://www.ae7q.com/query/stat/DataBase.php?SCHEMA=Lic

試験に合格した7月16日の時点で、1エリアのExtraとしては、AC1AIまでgrantされていました。その後、18日にAJが、21日にAKとALが発行されました。

要するに、このページを毎日見ていたわけです(笑)。
http://www.ae7q.com/query/list/GenLicAvail.php?REGION=1

次はAM・・・、気になりますが、一向に割当が進みません・・・。7月27日(水)夜のDaily Fileでも更新されず、不安になってきた今朝、起きてすぐにサイトを見たところ、おお~、AC1AMが割り当てられています。
AC1AM.jpg

ドキドキしながらクリックすると・・なんと私の名前が書いてありました!日本時間7月28日午前6時11分31秒(米国東部時間27日17時11分31秒)のqueryの更新でした。

というわけで、

AC=alternating current, 1, AM=amplitude modulation
交流いち振幅変調

です。よろしくお願い致します。

 

 

広告

交流いち振幅変調(AC1AM)」への2件のフィードバック

  1. AC(アルコール)、1(一杯)、AM(朝っぱらから)なんて、随分と景気の良いコールサインを取得されたのですね! おめでとうございます。
     (゚ー゚;)☆\(-_-;)バシッ!
    DE JG1EJY

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中