新スプリアス問題に救世主?

新スプリアス規格に適合しない送信機は、平成34年11月末以降使えなくなるという「新スプリアス問題」。

今日、JARDから発表された「お知らせ」は、アマチュア局にとって「救世主」の降臨を預言するものといえそうです。きっと、とてもとても大事です。

昨年9月に公表された総務省のパンフレット(http://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/others/spurious/files/newpfrt.pdf )によれば、無線局が新スプリアス規格に対応する手段としては、

①新スプリアス規格に適合した無線機器への取り替え
②送信機出力端子と空中線との間にフィルタを挿入
③実力値の測定
④製造業者等が測定したデータの活用

があるとされていました。ですが、①では古いリグは使い続けられないし、②と③では実測が必要だし、④はメーカーが頑張ってくれるかわからないし、私の目には、あまり現実的には思えませんでした。

ですが、パンフレットの以下の一文は、とても目を引きました。

これらのほか、アマチュア局については、保証の手続を活用することも可能です。

これは、保証業務を行うJARD等が、古いリグでも、「新スプリアス規格に適合している」ことを保証してくれれば、「新スプリアス機」として、平成34年11月末より後も使えるようにする、ということを意味するように思われました。いってみれば、「保証認定が古いリグを新スプリアス機として蘇らせる」というわけです。

そして、本日のJARDの「お知らせ」(https://www.jard.or.jp/info/info_20160205.pdf )です。

広く一般のアマチュア無線家の皆様にご協力をいただき、対象の無線機をお借りし(運送料や測定費用のすべてをJARDが負担)、そのスプリアスが新規格に適合しているか否かについて実態調査(実測)を行うものです。

実測した結果は、総務省に対し手続きが可能なデータシートをお付けして返却させていただきます。

現在総務省において、この①から③の方法以外に、アマチュア局独自の保証制度を活用した、より簡便な方法の追加が検討されているところです

とあります。

おそらく、古いリグの中にも、実は新スプリアス規格に適合している機種があると思われます。JARDは、そのような機種のデータを集め、十分にデータが集まった機種については、リグをJARDに送らなくても、「新スプリアス規格に適合している」ものとして、保証認定する、そうすれば平成34年12月1日以降も開局/変更申請OK・・。そんなことを考えてくれているのではないでしょうか。

今後のJARD・総務省の動きに注目です。